時間をもっと有効にするためのヒント本

中嶋聡さんの本を読んですごく勉強になったので共有したいと思います。

本の紹介

「なぜ,あなたの仕事は終わらないのか」

ものすごく簡単にまとめると,
なぜあなたの仕事が終わらないのかを解き明かし,時間の使い方に徹底的に向き合い,時間を効率的に使えるようになろうという内容の本です。

中嶋聡さんの紹介

1960年北海道生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。大学時代に世界初のパソコン用CADソフト「CANDY」を開発。米国マイクロソフト社でWindows95,Internet Explorer3.0/4.0,Windows98のソフトウェア・アーキテクトを務め,ビル・ゲイツの薫陶を受ける。「右クリック」「ダブルクリック」「ドロップ&ドラッグ」を現在の形にした。2000年に米マイクロソフトを退社し,ソフトウェア会社のUIEvoiutionを設立してSEOに就任,現在に至る。

本の帯に書いてあった内容です。

本との出会い

今年の春から上京して就職するため,家探しをしに池袋の不動産に行きました。その後友達の家に泊めて貰う予定だったのですが,あまりにも物件探しが早く終わったので池袋のサンシャイン60通りにあるブックオフに行き,この本が置いてありました。初めて池袋のブックオフに行ったのですがめちゃくちゃでかいしめちゃくちゃ安かったです。これが都会かと感じました。笑

なにか安い本ないかなと探していたらこの本がふと目に止まりました。なんと値段も370円と破格の安さ。そんな370円の本に心を動かされたので今考えるとすごい運命的な出会いだったと思います。

他にも安い本があったのであと3冊購入しました。
のちのち紹介できればと思います。

印象に残った言葉

たくさん印象に残った言葉がありましたが,一つ挙げるとすれば,

「未来を予測する最善の方法はそれを発明することだ」

という言葉です。
アラン・ケイというコンピューターの世界で有名な人が言っていた言葉だそうです。
この言葉を中嶋聡さんは
「現状に満足せず常に新しいものを求めようというチャレンジングな思い」
と解釈したそうです。
この考え方にすごく共感でき,常に目的意識を持つことこそ時間を上手に使うことができる術なのかなと感じました。

実践していること

この本を読んで僕が実際に実践していることを紹介します。
本の中で中嶋聡さんが強く推奨していたことです。
それは,毎日寝る前にチェックリストを作ることです。
具体的に言うと,
寝る前に明日やらなければならないことをノートに書くだけです。
チェックする項目はなるべく多いほうが良いです。達成したときにたくさんチェックをつけられるからです。
そして一つ一つの項目は15分程度で終わるものにします。例えば僕は学生なので大学の課題をここまでやる,とかこの本を何ページ読むといったところです。
やってみると面白いことに集中力が増すんですよね。終わりがどこまでと決まっているからそこに全パワーを注げるんでしょうね。
また,時間の使い方を考えるようになりました。この本でチェックリストの項目を8割午前中に終わらせることによって午後に余裕を持って作業ができると書いてありました。だから自然と早起きになるんです。早起きするためには早く寝る,,,という良い循環ができてきました。

まだ僕は始めて1ヶ月程度ですが,早くも変化を感じています。

そして,これの面白いところが朝のうちに8割方終わらせておかないと全部終わらないんですよ。
急に友達との予定が入ったり,やる気にならなくなったりと,,,

本当に朝って大事だなと痛感しております。。

この生活を続けていった未来の自分が楽しみです。

まとめ

この本に出会えて本当に良かったなと思います。
これからもこの本を時々見返して,時間の使い方を使い方を極めていきたいなと思いました!


ぜひ機会があれば読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました