緑黄色社会「キラキラ」 勝手に歌詞解説

Uncategorized

私が好きなアーティストの曲を勝手に解説していくこの記事です。
この記事を通して私が好きな曲を皆さんが好きになってくれたらなと思いながらやっていきたいと思います。

人それぞれ捉え方が違い歌詞1つでいろいろな解釈ができると思います。
個人的な解釈で解説していくのでご了承下さい。

今回紹介する曲は緑黄色社会「キラキラ」という曲です。

この曲はYouTubeにもアップされていない曲なのであまり聞いたことがない人も多いと思います。私は「LINE MUSIC」で聞いてすごい共感できる歌詞だなと思ったので紹介します。

そもそも緑黄色社会を知ったのがつい最近で聞いてみたらすっごく好きな声でいろんな曲を聴くようになり、ハマってます。

まだ緑黄色社会を知らない人にぜひおすすめしたいです。

歌詞

あの夜は少し肌寒くて 

下ろしたての服がちょうど良かった

きみの寝癖は楽しそう

わたしの癖毛はどうだろう

あの夜は少し心細くて

拗ねた素振りをちょいとかました

きみが頑張って笑う

だからわたしもそうした

何も知らないくせに、って

知らせなかっただけなのにね

ずるいんだ

わたしもきみも

ただふたり キラキラ笑って

それだけのことが

やけに難しくって疲れたの

もう疲れたの

たのしいもうれしいも

ほんとはどこにあるのかな

あの夜は何故か鮮明で

行くあてもなく話して歩いた

きみはきっと忘れてる

わたしは全部覚えてる

何も知らないくせに、って

知ろうとしないだけなのにね

ずるいんだ

わたしもきみも

ただふたり キラキラ笑って

並んでいたかった

それだけのことが

わたしときみには難しかった

それだけのことよ

誰も責めないよ

ほんとのたのしいとうれしいを

探そうか

あなたがわたしをつくってしまった

わたしがあなたをつくってしまった

あなたがわたしをつくってしまった

わたしがあなたをつくってしまった

https://music.line.me/trend

解説

歌詞を区切って解説していきます!

あの夜は少し肌寒くて 下ろしたての服がちょうど良かった
きみの寝癖は楽しそう わたしの癖毛はどうだろう

過去のことについての曲ですね。
そして少し肌寒いので10月~11月くらいかと。
きっとその当時、二人は恋人関係なんでしょうね。

あの夜は少し心細くて 拗ねた素振りをちょいとかました
きみが頑張って笑う だからわたしもそうした

きっと少し寂しかったんだと思います。だからかまってほしくて拗ねてみたんでしょうね。
それに対して恋人はちょっと無理をして笑ったそうです。
きっと恋人は少し嫌だったんじゃないのかなと思います。でもこのままの関係を崩したくないから本音をごまかしていたんでしょう。
それに「わたし」も気づいているから恋人に合わせて頑張って笑ったんでしょう。

何も知らないくせに、って 知らせなかっただけなのに
ねずるいんだ わたしもきみも

この歌詞すごく共感しました。きっと「何も知らないくせに!」って喧嘩になったんでしょうか。でも考えてみたら自分から知らせようとしてなかったと気づいたんですね。
そしてずるいのは私だけでもあなただけでもなくお互いで、二人のせいなんだというところがすごくグッときました。

ただふたり キラキラ笑って それだけのことが
やけに難しくって疲れたの もう疲れたの
たのしいもうれしいも ほんとはどこにあるのかな

ここからがサビです(たぶん)
歌詞がドストレートなので解説する余地もないと思いますが。。。
もうお互いの我慢が限界になってしまったんですね。
ただふたりで笑っていたかっただけなのに、それだけのことなのにそれが難しいんですよね。ふたりにとってのたのしいとうれしいはどこにあったんだろうと考えさせられました。
すごくわかる、共感しました。

あの夜は何故か鮮明で 行くあてもなく話して歩いた
きみはきっと忘れてる わたしは全部覚えてる

そしてまた回想なんですが「あの夜」という歌詞はきっと歌詞の一番最初に出てきた「あの夜」の時と同じシーンなのかなと思います。
きっともうふたりの関係は終わりかけているような雰囲気です。
あなたはきっともうどうでもいいような感じだったんでしょうか、でもわたしはすごく後悔してたのかなって思います。

何も知らないくせに、って 知ろうとしないだけなのにね
ずるいんだ わたしもきみも

さっきと同じような歌詞ですね。
さっきは「知らせてくれなかった」とお互いが相手のせいにしてましたが、
今度は「知ろうとしない」とお互いが自分のせいだって言ってるところがまたいい歌詞だなって思いました。
ほんとに共感できる歌詞ばっかり。。

ただふたり キラキラ笑って 並んでいたかった
それだけのことが わたしときみには難しかった
それだけのことよ 誰も責めないよ
ほんとのたのしいとうれしいを 探そうか

もう一回サビです。
ただ笑ってふたりでいたかったけどやっぱり、それだけのことだけどふたりには難しかったんですね。「それだけのことよ」の部分を曲では3回繰り返しています。
何回も繰り返して強調してるとこからもすごく後悔しているんだなと思いました。
でもこれは誰のせいでもない、しょうがないことだと、きっとお互いが誰も責めることができないということなんでしょうかね。
このままではだめだからお互いがここで区切りをつけてそれぞれ本当のたのしいとうれしいを見つけるためスタートしようということなのかな。
もう歌詞がめちゃくちゃ深いです。。。

あなたがわたしをつくってしまった
わたしがあなたをつくってしまった
あなたがわたしをつくってしまった
わたしがあなたをつくってしまった

これが曲の最後の歌詞です。ここが一番グッときました。
きっとお互い、最初の感じが好きだったんでしょう。
でもお互いが一緒にいるにつれて勝手にお互いをお互いの色に染めてしまったんでしょう。悪気はないけどそうなってしまったんだと思います。
それが「つくってしまった」に表れてると思います。
そしてどっちかがどっちかをつくってしまったんじゃなくてお互いが悪い、ふたりのせいにしているところがすごく共感できました。

まとめ

この曲は、恋人と別れてしまった時のことを歌っている失恋ソングだと思います。

そしてお互いがお互いをつくってしまって、ただキラキラ笑いたかっただけなのにそれができなかったという、すごく共感できる歌詞がいっぱいでした。

私自身もまさしくこのようなストーリーで失恋をした経験があるので、初めて聞いたとき、ついつい感情移入してきました。(笑)

失恋をしてしまった、または、恋人との関係が危ないような人たちに自分たちを見つめなおすことができるきっかけになる、そんな曲だと思います。

YouTubeにないので簡単に聞けるかはわかりませんが
ぜひ、聞いてみてください!

これからもいろいろな曲を勝手に解説していきたいと思ってます!

YouTubeでカバーを見つけたので載せておきます。

【カバー】キラキラ/緑黄色社会 歌ってみた
LINE MUSIC
LINE MUSICは邦楽・洋楽問わず幅広いジャンルの楽曲を利用シーンや気分に応じていつでもどこでも音楽を聴くことができる音楽ストリーミングサービス!3ヶ月無料で制限なしで聴き放題。

コメント

タイトルとURLをコピーしました