この漫画を就活生に勧める理由

勧める漫画はズバリ「キングダム」です。

私自身就職活動期にこの「キングダム」に出会い、考え方や価値観が変わりました。このような経験からもっとたくさんの人に「キングダム」を読んでほしいと思い記事にしました。

*個人的なキングダムに対する考えなのであらかじめご了承ください。

「キングダム」とは

舞台は紀元前3世紀の古代中国、春秋戦国時代末期。
秦国が中華七国(秦、燕、楚、韓、趙、魏、斉)を統一する話。
主人公は天下の大将軍を目指す「下僕」の信。

すごく簡単にまとめるとこんな感じです。

なぜ人気なのか

個人的になぜ人気なのか、面白いのか考えてみました。すると、

  • ストーリーの結末は決まっている
  • ビジネスマンに多く読まれている
  • 共感できることが多い

の3つが関係しているのかなと考えました。

  • ストーリーの結末は決まっている
    時代ものの漫画なので結末は秦が中華統一をすると分かっています。しかしわかっているからこそ、そこに辿り着くまでの過程を楽しむことができる漫画だと思います。

  • ビジネスマンに多く読まれている。
    私自身就職活動をしていたときに企業の方から勧められたということもありますが、キングダムのビジネス本も出ている通りビジネスマンに人気です。キングダムの中で隊を鼓舞するさまざまな武将が登場します。武将それぞれに色があり、士気の高め方が違います。これは社会でも部下やチームを持ったときにどう接していくことがいいのか、どのようにチームの指揮を執るかなど考える点でリンクすると思います。また、作者自身がビジネスマンとして社会を経験し、尊敬していた上司もキャラとして組み込まれていることからビジネスマンの気持ちを掴み心を動かせてるんだと思います。

  • 共感できることが多い
    主人公の信は、下僕の身でありながら天下の大将軍という大きな野望を持っている少年です。苦しくても絶望を感じても夢に向かってひたむきに真っ直ぐに我が道を進む信に私自身とても共感しました。さまざまな性格や考え方ののキャラクターも出てくるのでどの武将が自分と重なるなど共感できることが多いと思います。

このようなことから人気なのではないかと考えました。

なぜ就活生におススメするのか

では、なぜビジネスマンに多く読まれているのに就活生におススメするのか

それは、

  • 入社後の社会がイメージしやすい
  • キャラクターがはっきりしていて自分の理想とリンクさせることで将来をイメージしやすい

この2つがあると思います。

  • 入社後の社会がイメージしやすい
    キングダムは社会の縮図ではないかと考えています。戦略を立てて実行したり、隊の隊員たちの士気を高めるために鼓舞したりと、社会とリンクするところが多々あると思います。また、首級(敵将の首)をあげることで評価され、地位が上がっていく評価制度という点でも成果主義が主流になりつつある現代とリンクしていると感じます。

  • キャラクターがはっきりしていて自分の理想とリンクさせることで将来をイメージしやすい
    先ほども記述した通り、さまざまな性格や考えたかを持ったなかなか個性が強いキャラクターがたくさん出てきます。そのため、自分は将来どのようなキャラクターになりたいかと想像すると当てはまる人も多いのではないかと思います。そうすると自分は何をするべきなのか判断でき、自己分析も高まると思います。

    私は面接時に将来は「信のようになりたいです」と言っていました(笑)
    知っている社会人の方も多く、話が弾むきっかけになったこともありました。

個人的な感想

とにかく自分は「キングダム」と出会って大きく心を動かされ、大ファンになりました。ストーリーはまだまだ続くと思いますが続きがすごく楽しみです。ぜひおすすめしたいです。
個人的な偏見と考え方で書かせてもらいましたが、キングダムの魅力が一人でも多くの人に伝わったらうれしいです。


また、私は好きになりすぎてアニメも見ました。漫画とはまた違った面白さがあると思います。
私はアマゾンのプライム会員だったのでプライムビデオで見ました。

会員ではない方も非常にお得な値段でいろいろな作品を見ることができるので非常におススメです。

Prime Video

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました